生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の基礎国語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも国語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

読解問題

【基礎古文講座:4講】問題に使われている文章

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「問題に使われている文章」について話して行きます。
基礎国語ブログ5

授業をしている講師「前回は、字数制限問題を解く前提を押さえるについて話しました。古文の字数制限問題を解く前提は、何だったかな

授業を受けている生徒「古文の字数制限問題を解く前提は、2つあった。1つは、問題用紙に下書きをしてから、解答用紙に解答を書くこと。もう1つは、現代語訳する必要がある問題が出題されることがあることだった

授業をしている講師「そうだよね。例えば、古文の文章の中でをかしと書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断して良いかな

授業を受けている生徒「古文の文章の中でをかしと書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断できない

授業をしている講師「そうだよね。どうして古文の文章の中でをかしと書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断できないと考えたのかな

授業を受けている生徒「古文の文章の中でをかしと書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断できないと考えた理由は、古文の文章の中で使われているをかしは、食事以外の嗜好品として食べる食品という意味ではないから



授業をしている講師「正解。今回は、問題に使われている文章について話します。早速だけど、古文の問題で出題されている古文の文章は、どのような文章かな

授業を受けている生徒「古文の問題で出題されている古文の文章は、文章の全部が書かれているわけではなく、文章の途中から書かれている

授業をしている講師「正解。文章の途中から書かれているということは、出題者は、問題をどのように出題していると考えることができるかな

授業を受けている生徒「文章の途中から書かれているということは、出題者は、文章の途中から読んでも問題に正解できるように問題を出題していると考えることができる。また基礎現代文の講義の中で国語の読解問題は、文章に書かれていることで問題に正解できると勉強した



授業をしている講師「そうだよね。古文の問題で出題されている古文の文章を読む前にして欲しいことがある。古文の問題で出題されている古文の文章を読む前にして欲しいことは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「古文の問題で出題されている古文の文章を読む前にして欲しいことは、古文の問題に書かれている出典を確認することだよどうして古文の問題で出題されている古文の文章を読む前に古文の問題に書かれている出典を確認した方が良いのか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。古文の問題で出題されている古文の文章を読む前に古文の問題に書かれている出典を確認することで、出典を知っていた場合、落ち着いて問題を解くことができるからかな

授業をしている講師「正解。例えば、出典源氏物語と書かれていた場合、どんなことが分かるかな

授業を受けている生徒「源氏物語と書かれていた場合、 紫式部が平安時代中期に書いた小説と分かる

授業をしている講師源氏物語が小説と分かったことで、古文の問題で出題されている古文の文章をどのように読めば良いと分かるかな

授業を受けている生徒「源氏物語が小説と分かったことで、古文の問題で出題されている古文の文章を現代文の小説と同じように読めば良いと分かる



授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、問題に使われている文章について話しました。次回は、主語と動詞を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<古文の問題に使われている文章について>
文章が途中から書かれている

出題者は、文章の途中から読んでも問題に正解できるように問題を出題している

<古文の文章を読む前に確認することについて>
古文の問題で出題されている古文の文章を読む前に古文の問題に書かれている出典を確認する

基礎国語ブログ2

【基礎古文講座:3講】字数制限問題を解く前提を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「字数制限問題を解く前提を押さえる」について話して行きます。
基礎国語ブログ5

授業をしている講師「前回は、古文の文章+和歌を使った文章を押さえるについて話しました。古文の文章+和歌を使った文章の読解問題の解き方は、どうすれば良いかな

授業を受けている生徒「古文の文章+和歌を使った文章の読解問題の解き方は、和歌の前後の古文の文章の内容を押さえ、解答すれば良い

授業をしている講師「そうだよね。例えば、下線部の和歌を詠んだ時の心情を説明しなさいと問が出題されたとする。問をどのように解けば良いかな

授業を受けている生徒「下線部の和歌を詠んだ時の心情を説明しなさいと問が出題された場合、和歌の前後の古文の文章の内容を押さえ、下線部の和歌を詠んだ時の心情を解答すれば良い



授業をしている講師「正解。しっかり復習しているね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、字数制限問題を解く前提を押さえるについて話します。早速だけど、古文の字数制限問題は、どのように解けば良いか分かるかな

授業を受けている生徒「現代文の字数制限問題は、問題用紙に下書きをしてから、解答用紙に解答を書けば良かった。なので、古文の字数制限問題も問題用紙に下書きをしてから、解答用紙に解答を書けば良いのかな



授業をしている講師「9割正解。しかし、現代文と古文の違いを把握できていない。現代文と古文の違いは、何かな

授業を受けている生徒「現代文と古文の違いは、現代語で書かれているか現代語で書かれていないか。あ。古文の字数制限問題は、現代語訳する必要がある

授業をしている講師「正解。例えば、古文のあはれを考える。現代文の文章の中であわれと書かれていた場合、どのような意味で使われていると判断できるかな

授業を受けている生徒「現代文の文章の中であわれと書かれていた場合は、主に気の毒に思う気持ちと判断できる

授業をしている講師古文の文章の中であはれと書かれていた場合、どのような意味で使われていると判断できるかな

授業を受けている生徒例えば、いとあはれの場合、とても感動的なことを表していると判断できる

授業をしている講師「そうだよね。つまり、古文の字数制限問題は、現代語訳する必要がある問題が出題されることがあることも押さえておく必要がある

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、字数制限問題を解く前提を押さえるについて話しました。次回は、問題に使われている文章について話します。しっかり復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<古文の字数制限問題を解く前提について>
問題用紙に下書きをしてから、解答用紙に解答を書く

現代語訳する必要がある問題が出題されることがある

基礎国語ブログ2

【基礎古文講座:2講】古文の文章+和歌を使った文章を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「古文の文章+和歌を使った文章を押さえる」について話して行きます。
基礎国語ブログ5

授業をしている講師「前回は、読解問題に正解するには、文章に書かれていることを押さえるについて話しました。古文の読解問題の解き方は、どのようにすれば良かったかな

授業を受けている生徒「古文の読解問題の解き方は、現代文の読解問題の解き方と同じように解けば良かった

授業をしている講師「そうだよね。どうして古文の読解問題の解き方は、現代文の読解問題の解き方と同じように解けば良いのかな

授業を受けている生徒「古文の読解問題の解き方は、現代文の読解問題の解き方と同じように解けば良い理由は、古文の読解問題も問題文として使われている文章に書かれている内容から出題されているから



授業をしている講師「正解。今回は、古文の文章+和歌を使った文章を押さえるについて話します。早速だけど、古文の文章+和歌を使った文章の読解問題は、どのように解けば良いか分かるかな

授業を受けている生徒「古文の文章+和歌を使った文章の読解問題は、現代文+短歌(俳句)を使った文章・現代文+古文(漢文)を使った文章の読解問題と同じように解けば良いのかな

授業をしている講師どうして古文の文章+和歌を使った文章の読解問題は、現代文+短歌(俳句)を使った文章・現代文+古文(漢文)を使った文章の読解問題と同じように解けば良いと考えたのかな

授業を受けている生徒「古文の文章+和歌を使った文章の読解問題は、現代文+短歌(俳句)を使った文章・現代文+古文(漢文)を使った文章の読解問題と同じように解けば良いと考えた理由は、古文の文章+和歌を使った文章の読解問題も古文の読解問題だからかなまた古文の読解問題も問題文として使われている文章に書かれている内容から出題されているからかな

授業をしている講師「そうだよね。古文の文章の中に和歌が書かれている場合も、どうして古文の文章の中に和歌が書かれているのかを古文の文章から押さえることが大切だよね





授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師例えば、どうして下線部の和歌を詠んだのか説明しなさいと問が出題されたとする。問をどのように解けば良いかな

授業を受けている生徒「どうして下線部の和歌を詠んだのか説明しなさいと問が出題された場合、和歌の前後の古文の文章の内容を押さえ、どうして下線部の和歌を詠んだのかを解答すれば良い

授業をしている講師「正解。つまり、古文の文章+和歌を使った文章の読解問題を解く場合にも、どうして古文の文章の中に和歌が書かれているのかを考え、問題を解くことが必要だよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、古文の文章+和歌を使った文章を押さえるについて話しました。次回は、字数制限問題を解く前提を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<古文の文章+和歌を使った文章の読解問題を解き方について>
和歌の前後の古文の文章の内容を押さえ、解答する

基礎国語ブログ2

【基礎古文講座:1講】読解問題に正解するには、文章に書かれていることを押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「読解問題に正解するには、文章に書かれていることを押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ5

授業をしている講師早速だけど、古文の読解問題と現代文の読解問題とでは、違う解き方をしているかな

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師残念ながら、古文の読解問題と現代文の読解問題の解き方は、同じだよ

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師「古文の読解問題と現代文の読解問題とでは、違う解き方をすると思ってしまうことは、無理もない。どうして古文の読解問題と現代文の読解問題とでは、違う解き方をすると思ってしまうことは、無理もないか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「古文の読解問題と現代文の読解問題とでは、違う解き方をすると思ってしまうことは、無理もない理由は、国語の講義において古文の読解問題と現代文の読解問題の解き方が、同じことを話さないからだよ

授業を受けている生徒「確かに」

授業をしている講師どうして古文の読解問題と現代文の読解問題の解き方が同じなのか分かるかな

授業を受けている生徒もしかして古文の読解問題も問題文として使われている文章に書かれている内容から出題されているからかな

授業をしている講師「正解。古文の読解問題も問題文として使われている文章に書かれている内容から出題されているということは、どういうことかな

授業を受けている生徒「古文の読解問題も問題文として使われている文章に書かれている内容から出題されているということは、文章に書かれている内容を押さえることで、問題に正解できる



授業をしている講師「正解。なので、古文の読解問題が出題された時、現代文の読解問題と違う解き方をしないでね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、読解問題に正解するには、文章に書かれていることを押さえるについて話しました。次回は、古文の文章+和歌を使った文章を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<古文の読解問題の解き方について>
現代文の読解問題の解き方と同じ

<読解問題に正解するについて>
文章に書かれている内容を押さえる

基礎国語ブログ2

【基礎現代文講座:25講】出題者の立場を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「出題者の立場を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ1

授業をしている講師「前回は、帰納法を押さえるについて話しました。帰納法とは、どんなことだったかな

授業を受けている生徒「帰納法とは、複数の物事や事例をならべ、共通点を見出し、結論を出すこと

授業をしている講師「そうだよね。演繹法についても話しました。演繹法とは、どんなことだったかな

授業を受けている生徒「演繹法とは、前提を足し合わせ、結論を推論し、結論を出すこと

授業をしている講師「そうだよね。例えば、演繹法を用いて説明しなさいと問が出題されたとする。どのように解けば良いかな

授業を受けている生徒「演繹法を用いて説明しなさいと問が出題された場合、前提を足し合わせ、結論を推論し、結論を出し、解答する



授業をしている講師「正解。今回は、出題者の立場を押さえるについて話します。早速だけど、出題者の立場を理解するには、どうすれば良いのかな

授業を受けている生徒「出題者の立場を理解するには、問で何を問われているのかを押さえる

授業をしている講師「そうだよね。問で何を問われているのかを押さえるには、どうすれば良いのかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師問で何を問われているのかを押さえる練習は、自分で問題を作成することでできる

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師どうして問で何を問われているのかを押さえる練習は、自分で問題を作成することでできるか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。問で何を問われているのかを押さえる練習は、自分で問題を作成することでできる理は、解答者に何を解答させるのかを考えるからかな

授業をしている講師「正解。問で何を問われているのかを押さえる練習は、国語だけではなく、他の科目でも使うことができる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「自分で問題を作成することは、難しくない。例えば、学校の試験の予想問題を作成する場合を考える。学校の試験の予想問題を作成するには、どうすれば良いのかな

授業を受けている生徒「学校の試験の予想問題を作成するには、試験範囲をもとに作成すれば良い

授業をしている講師「もしどのように予想問題を作成すれば良いのか分からない場合には、学校で教わったこと・ノートを見ながら、予想問題を作成すれば良い

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「今回が基礎現代文の講義は、最後になる。なので、これまで基礎現代文の講義で勉強したことをもとに今後は、現代文の問題を使い、身につけて欲しい

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、出題者の立場を押さえるについて話しました。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<問で何を問われているのかを押さえる方法ついて>
自分で問題を作成する

基礎国語ブログ2