こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

受験対策を話している人

 あなたは、「新年になり、受験当日が近づき、不安になってきました」と思っていませんか。

 あなたは、「新年になり、昨年の合格発表日の悪夢が頭をよぎり、志望校に合格できるか不安になってきました」と思っていませんか。

 「新年になり、受験当日が近づき、不安になってきました」「新年になり、昨年の合格発表日の悪夢が頭をよぎり、志望校に合格できるか不安になってきました」と思っているのは、あなただけではありません。

 大学受験のため1浪した時の私も新年になり、昨年の合格発表日の悪夢が頭をよぎり、志望校に合格できるか不安になっていました。

 しかし、私は、志望校に合格できました。

 あなたは、「どうやって不安を取り除いたんですか」と思っていますよね。

受験対策をしている人

 私が不安を取り除くためにしたことは、初詣ではありません。

 私が不安を取り除くためにしたことは、少しでも不安を取り除くために勉強をしていました。

 あなたは、「どんな勉強をしていたんですか」と思っていますよね。

 私がしていた勉強は、主に3つです。

 1つ目は、志望校で出題される頻出分野についての勉強です。

 2つ目は、受験生の正答率が高い分野の中で自分が苦手の分野の見直しの勉強です。

 3つ目は、志望校の過去問を再度、解く勉強です。


 あなたは、「どうして志望校の過去問を再度、直前期に解いたんですか」と思っていますよね。

 私が、志望校の過去問を再度、直前期に解いた理由は、志望校の入試問題の感覚を忘れないためです。

 あなたは、志望校の入試で出題される問題は、何か分かっていますか。

 志望校の入試で出題される問題は、予備校が開催している模試の問題ではありません。


 なので、あなたが予備校が開催している模試の点数が良かったとしても、油断してはいけません。

基礎国語ブログ1

 あなたは、勉強に夢中になり過ぎていませんか。

 あなたが勉強に夢中になることは、悪いことではありません。

 しかし、あなたが新年を迎えたにも関わらず、入試が行われる時間を意識せずに夜遅くまで勉強している場合には、睡眠時間を改善する必要があります。

 睡眠時間を改善することは、1日、2日でできることではありません。

 睡眠は、習慣です。

 なので、あなたが入試が行われる時間を意識せずに夜遅くまで勉強している場合には、1日でも早く入試が行われる時間を意識し、勉強することが必要です。

 あなたが入試が行われる時間を意識せずに夜遅くまで勉強している場合には、1日でも早く入試が行われる時間を意識し、睡眠時間を決めることが必要です。

 あなたは、志望校に合格したいですか。

 あなたが、志望校に合格したい場合には、新年を迎えた今から入試が行われる時間を意識し、行動して下さい。

基礎国語ブログ8