こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

受験対策を話している人

 早速だけど、あなたは勉強をすることは好きですか。

 私も高校受験が終わるまでは、勉強を好きではありませんでした。

 なので、あなたが勉強をすることが嫌いだったとしても、怒るつもりはありません。

 あなたは、どうして勉強をすることが嫌いになったんですか。

 私が勉強をすることが嫌いになった原因は、高校受験のために3か月間通っていた塾での出来事でした。

 ここで私が高校受験のために3か月間通っていた塾で何をされたのかを詳しく書くことはできません。

 しかし、私が高校受験のために3か月間通っていた塾で何をされたのかを簡単に書くことはできます。

 私が高校受験のために3か月間通っていた塾でされたことは、講師が決めた小テストの合格点を取れなかった場合には、皆の前でプラスチック製のバットでけつバットです。

 中学生だった私は、塾に通うことが怖くなっただけではなく、勉強をすることが嫌いになりました。

 私は高校に入学し、高校1年の4・5 月の学内模試の結果・1学期中間テストの結果で勉強をすることが嫌いではなくなりました。


 高校1年の4・5 月の学内模試の結果は、学年33位・1学期中間テストの結果は、クラス1位でした。

 私が高校の成績は、学内上位でした。

 あなたは、「何をしたんですか」と思っていますよね。

 私がしたことは、毎日私に合った勉強法で勉強をしただけです。


 しかし、私は、高校卒業式当日、途方に暮れていました。

 私が、高校卒業式当日、途方に暮れた理由は、高校の友達・恋人は、高校卒業後の進路が決まっていたにもかかわらず、私は高校卒業後の進路が未定のまま高校を卒業したからです。

 私は、1年間大学受験浪人し、志望校に合格し、大学に入学しました。

 私は1年間大学受験浪人している間、予備校に通い、勉強をすることが楽しくなりました。

 あなたは、「何があったんですか」と思っていますよね。

 私が勉強をすることが楽しくなったきっかけは、英語・現代文の講師です。

 英語の講師は、初回講義で「私に憧れてください」と話していました。

 英語の講師の言葉を聞いた私は、「ナルシストかよ」と思いながら、英語の講師から教わったことを勉強をしているうちに「私に憧れてください」と話していた英語の講師の講義だけを受講するようになっていました。

 現代文の講師は、「現代文は感覚的な科目ではない」「考えてご覧」と話していました。

 現代文の講師の言葉を聞いた私は、現代文の講師から教わったことを勉強をしているうちに「現代文は感覚的な科目ではない」「考えてご覧」と話していた現代文の講師の講義だけを受講するようになっていました。

 どうして私は、「私に憧れてください」と話していた英語の講師の講義・「現代文は感覚的な科目ではない」「考えてご覧」と話していた現代文の講師の講義だけを受講するようになったのか。

 私は、「私に憧れてください」と話していた英語の講師の講義・「現代文は感覚的な科目ではない」「考えてご覧」と話していた現代文の講師の講義だけを受講するようになった理由は、分からなかったことが分かるようになり、成績が上がったからです。

 あなたは、どうして勉強をすることが嫌いなんですか。


 あなたの成績が上がらないからですか。

 講師との相性が合わないからですか。

 あなたの成績が上がらない原因は、あなただけにあるわけではありません。

 あなたの成績が上がらない原因は、講師との相性が合わないことが原因のこともあります。


 あなたは、相性が合わない講師から勉強を教わりますか。

 あなたは、相性が合う講師から勉強を教わりますか。

 あなたが「相性が合う講師から勉強を教わりたい」と思った場合には、ここから無料体験をしてください。

●まとめ
<成績が上がらない原因について>
原因があなただけにあるわけではありません

講師との相性が合わない

受験対策をしている人


<広告>