こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「主語と動詞を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ6

授業をしている講師「前回は、字数制限問題を解く前提を押さえるについて話しました。文の字数制限問題を解く前提は、何だったかな

授業を受けている生徒「漢文の字数制限問題を解く前提は、2つあった。1つは、問題用紙に下書きをしてから、解答用紙に解答を書くこと。もう1つは、現代語訳する必要がある問題が出題されることがあることだった

授業をしている講師「そうだよね。例えば、漢文の文章の中で而と書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断して良いかな

授業を受けている生徒「漢文の文章の中で而と書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断できない

授業をしている講師「そうだよね。どうして漢文の文章の中で而と書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断できないと考えたのかな

授業を受けている生徒「漢文の文章の中で而と書かれていた場合、現代文と同じ意味で使われていると判断できないと考えた理由は、文の文章の中で使われている而は、読まないから



授業をしている講師「正解。今回は、主語と動詞を押さえるについて話します。早速だけど、漢文の文の型は、分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。漢文の文の型は、主語+動詞かな

授業をしている講師「正解。例えば、王喜という文があったとする。主語と動詞は、どれかな

授業を受けている生徒「主語は、。動詞は、

授業をしている講師「正解。今回は、主語と動詞を押さえるについて話しました。次回は、漢文の3文型を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<漢文の主語と動詞を押さえる理由について>
主語と動詞を押さえることで難しい文章を読んだ時、まるっきり文章の内容が理解できないという状態にはならない

基礎国語ブログ2