こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「昭和時代の文学を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ9

授業をしている講師「前回は、昭和時代の無頼派を押さえるについて話しました。昭和時代の無頼派は、何があったかな

授業を受けている生徒「昭和時代の無頼派は、2つあった。1つは、1946年、坂口安吾が書いた「白痴」。もう1つは、1947年、太宰治が書いた「斜陽」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、1946年、1⃣は、「白痴」を書いた。1⃣は、第二次世界大戦後、近代の既成文学全般への批判に基づき、同傾向の作風の2⃣だった。1⃣2⃣を埋めなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「1946年、「白痴」を書いたのは、坂口安吾。坂口安吾は、第二次世界大戦後、近代の既成文学全般への批判に基づき、同傾向の作風の無頼派だった。なので、正解は、1⃣は、坂口安吾・2⃣は、無頼派



授業をしている講師「正解。今回は、昭和時代の第二次戦後派を押さえるについて話します。早速だけど、第二次戦後派とは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「第二次戦後派とは、政治と文学の関係に強い関心を持ち、世界的な現代文学の思想的・理論的な動向にも敏感だった。また何よりも戦争の廃墟と虚無感、そして敗戦後の日本の現実社会に生きている人々の現場性を重んじた作風かな

授業をしている講師「そうだよね。昭和時代の第二次戦後派は、何があるか分かるかな

授業を受けている生徒「昭和時代の第二次戦後派は、2つある。1つは、1948年、大岡昇平が書いた「俘虜紀」。もう1つは、1949年、三島由紀夫が書いた「仮面の告白」かな

授業をしている講師「そうだよね。例えば、大岡昇平・三島由紀夫は、何派の作風だったか答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「大岡昇平・三島由紀夫は、政治と文学の関係に強い関心を持ち、世界的な現代文学の思想的・理論的な動向にも敏感だった。また何よりも戦争の廃墟と虚無感、そして敗戦後の日本の現実社会に生きている人々の現場性を重んじた作風の第二次戦後派。なので、正解は、第二次戦後派

授業をしている講師「正解。今回は、昭和時代の文学を押さえるについて話しました。次回は、昭和時代の文学を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<昭和時代の第二次戦後派について>
「俘虜紀」→1948年、大岡昇平が書いた

「仮面の告白」→1949年、三島由紀夫が書いた

基礎国語ブログ2