こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「大正時代の文学を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ9

授業をしている講師「前回は、大正時代のアララギ派を押さえるについて話しました。大正時代のアララギ派は、何があったかな

授業を受けている生徒「大正時代のアララギ派は、1913年、斎藤茂吉が書いた「赤光」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、「私は、1⃣の短歌論を受け継いだ写実主義・生活密着を重視した作風で1913年、「赤光」を書きました」会話の人名・主義を答えなさい。また1⃣を埋めなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「1913年、「赤光」を書いたのは、斎藤茂吉。斎藤茂吉は、アララギ派。アララギ派は、正岡子規の短歌論を受け継いだ写実主義・生活密着を重視した作風のこと。なので、正解は、斎藤茂吉・アララギ派・1⃣は、正岡子規



授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の口語自由詩を押さえるについて話します。早速だけど、口語自由詩とは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「口語自由詩とは、音数にとらわれず自由な形式の詩のことかな

授業をしている講師「そうだよね。大正時代の口語自由詩は、何があるか分かるかな

授業を受けている生徒「大正時代の口語自由詩は、2つある。1つは、1914年、高村光太郎が書いた「道程」。もう1つは、1917年、萩原朔太郎が書いた「月に吠える」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、明治時代には、二葉亭四迷が「浮雲」を1⃣で書いた。大正時代では、萩原朔太郎が「月に吠える」を2⃣で書いた。1⃣2⃣を埋めなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「二葉亭四迷は、「浮雲」を言文一致体で書いた。なので、1⃣は、言文一致体。萩原朔太郎は、「月に吠える」を口語自由詩で書いた。なので、2⃣は、口語自由詩。正解は、1⃣は、言文一致体・2⃣は、口語自由詩かな



授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の文学を押さえるについて話しました。次回は、大正時代の文学を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<大正時代の口語自由詩について>
「道程」→1914年、高村光太郎が書いた

「月に吠える」→1917年、萩原朔太郎が書いた

基礎国語ブログ2