こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「大正時代の文学を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ9

授業をしている講師「前回は、大正時代の余裕派を押さえるについて話しました。大正時代の余裕派は、何があったかな

授業を受けている生徒「大正時代の余裕派は、3つあった。1つ目は、1913年、森鷗外が書いた「阿部一族」。2つ目は、1914年、夏目漱石が書いた「こゝろ」。3つ目は、1916年、夏目漱石が書いた「明暗」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、1⃣は、初期は、ロマン派の文学を書き、晩年は、余裕派の文学を書いた。1⃣の初期の作品は、1890年に書いた「2⃣」がある。1⃣は、1909年に書いた「3⃣」以降、余裕派の文学を書いた。1⃣の大正時代に書いた作品は、1913年に書いた「4⃣」が知られている。1⃣から4⃣を埋めなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「初期は、ロマン派の文学を書き、晩年は、余裕派の文学を書いたのは、森鷗外。なので、1⃣は、森鷗外。森鷗外が1890年に書いた作品は、「舞姫」。なので、2⃣は、舞姫。森鴎外が1909年に書き、余裕派の文学を書き始めた分岐点となった作品は、「ヰタ・セクスアリス」。なので、3⃣は、ヰタ・セクスアリス。森鷗外の大正時代の1913年に書いた作品は、「阿部一族」。なので、4⃣は、阿部一族。正解は、1⃣は、森鷗外・2⃣は、舞姫・3⃣は、ヰタ・セクスアリス・4⃣は、阿部一族







授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の白樺派を押さえるを押さえるについて話します。早速だけど、白樺派とは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「白樺派とは、人道主義・理想主義・個性尊重などを唱えて自然主義に抗し、大正期の文壇の中心的な存在になった文学者・美術家の集団のことかな

授業をしている講師「そうだよね。大正時代の白樺派は、何があるかな

授業を受けている生徒「大正時代の白樺派は、4つある。1つ目は、1917年、志賀直哉が書いた「和解」。2つ目は、1919年、有島武郎が書いた「或る女」。3つ目は、1921年、志賀直哉が書いた「暗夜行路」。4つ目は、1922年、武者小路実篤が書いた「人間万歳」かな

授業をしている講師「残念ながら、大正時代の白樺派は、「和解」・「或る女」・「暗夜行路」・「人間万歳」だけではない。「和解」・「或る女」・「暗夜行路」・「人間万歳」以外に2つある。1つ目は、1915年、武者小路実篤が書いた「その妹」。もう1つは、1917年、有島武郎が書いた「カインの末裔」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、志賀直哉は、夏目漱石・森鷗外と同様に余裕派の作品を書いたと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「志賀直哉は、白樺派の作品を書いた。なので、正解は、

授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の文学を押さえるについて話しました。次回は、大正時代の文学を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<大正時代の白樺派について>
「その妹」→1915年、武者小路実篤が書いた

「カインの末裔」→1917年、有島武郎が書いた

「和解」→1917年、志賀直哉が書いた

「或る女」→1919年、有島武郎が書いた

「暗夜行路」→1921年、志賀直哉が書いた

「人間万歳」→1922年、武者小路実篤が書いた

基礎国語ブログ2