こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「明治時代の文学を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ9

授業をしている講師「前回は、明治時代の余裕派を押さえるについて話しました。明治時代の余裕派は、何があったかな

授業を受けている生徒「明治時代の余裕派は、3つある。1つ目は、1905年、夏目漱石が書いた「吾輩は猫である」。2つ目は、1906年、夏目漱石が書いた「坊ちゃん」。3つ目は、1906年、夏目漱石が書いた「草枕」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、「私は、明治時代、深い教養と広い視野を持ち、近代における個人と社会の問題を追求した作風の作品を書いていました。私が書いた主な作品は、1905年、「吾輩は猫である」。1906年、「坊ちゃん」。1906年、「草枕」です」。会話の人名を答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「深い教養と広い視野を持ち、近代における個人と社会の問題を追求した作風は、余裕派(高踏派)。1905年、「吾輩は猫である」。1906年、「坊ちゃん」。1906年、「草枕」を書いたのは、夏目漱石。なので、正解は、夏目漱石



授業をしている講師「そうだよね。例えば、森鴎外の作品は、明治時代のロマン主義だけで書かれていると問題が出題されたとする。正解は、どうかな



授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「1909年、「ヰタ・セクスアリス」以降、晩年の森鷗外の作品は、余裕派(高踏派)で書かれている。なので、正解は、初期の森鷗外の作品と晩年の森鷗外の作品では、主義・派が違うことも押さえておいてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、1910年、「一握の砂」以降の石川啄木を押さえるについて話します。早速だけど、1910年、「一握の砂」以前の石川啄木は、何派だったかな

授業を受けている生徒「1910年、「一握の砂」以前の石川啄木は、明星派



授業をしている講師「そうだよね。1910年、「一握の砂」以降の石川啄木は、現実的な生活の面を重視し、実生活の体験を重んじる生活派と呼ばれている作風で独自の作品を書いていた。1910年、「一握の砂」以降の石川啄木の代表作は、3つある。1つ目は、1910年、「一握の砂」。2つ目は、1910年、「時代閉塞の現状」。3つ目は、1912年、「悲しき玩具」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、1⃣は、1910年、「一握の砂」以前は、恋愛至上主義的傾向の強い浪漫風の詩人・歌人の一派の2⃣に属していました。しかし、1910年、「一握の砂」以降は、現実的な生活の面を重視し、実生活の体験を重んじる3⃣と呼ばれている作風で独自の作品を書いていました。1910年、「一握の砂」以降の石川啄木の代表作は、3つあります。1つ目は、1910年、「一握の砂」。2つ目は、1910年、「時代閉塞の現状」。3つ目は、1912年、「悲しき玩具」です。1⃣から3⃣を埋めなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「恋愛至上主義的傾向の強い浪漫風の詩人・歌人の一派は、明星派。1910年、「一握の砂」を書いたのは、石川啄木。なので、1⃣は、石川啄木。2⃣は、明星派。現実的な生活の面を重視し、実生活の体験を重んじる作風は、生活派と呼ばれている。なので、3⃣は、生活派。正解は、1⃣は、石川啄木・2⃣は、明星派・3⃣は、生活派

授業をしている講師「正解。今回は、明治時代の文学を押さえるについて話しました。次回は、明治時代の文学を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<1910年、「一握の砂」以降の石川啄木について>
生活派→現実的な生活の面を重視し、実生活の体験を重んじる

・1910年、「一握の砂」以降の石川啄木の代表作
→1910年、「一握の砂」
→1910年、「時代閉塞の現状」
→1912年、「悲しき玩具」

基礎国語ブログ2