生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の基礎国語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも国語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

【基礎漢文講座:6講】3種類の接続詞を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「3種類の接続詞を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ6

授業をしている講師「前回は、敬語を押さえるについて話しました。漢文の敬語の中で押さえておく敬語は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「漢文の敬語の中で押さえておく敬語は、2種類あった。1つは、敬意を訳出する必要がある語。もう1つは、会話文中で用いられる人称代名詞の尊称・謙称

授業をしている講師「そうだよね。敬意を訳出する必要がある語は、何だったかな

授業を受けている生徒「敬意を訳出する必要がある語は、3つあった。1つ目は、目上の人の質問に答えるときに用いる対フ。2つ目は、会うの謙譲語見ユ。3つ目は、目上の人に物をあげるときに差し上げると訳す献ズ・奉ル

授業をしている講師「そうだよね。会話文中で用いられる人称代名詞の尊称・謙称は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「会話文中で用いられる人称代名詞の尊称・謙称は、2種類あった。1つは、二人称の尊称。もう1つは、一人称の謙称

授業をしている講師「そうだよね。二人称の尊称は、何だったかな

授業を受けている生徒「二人称の尊称は、4つあった。1つ目は、。2つ目は、。3つ目は、。4つ目は、

授業をしている講師「そうだよね。一人称の謙称は、何だったかな

授業を受けている生徒「一人称の謙称は、4つあった。1つ目は、臣下が君主に対して使う。2つ目は、君主が謙遜して使う寡人。3つ目は、王侯が謙遜して使う。4つ目は、女性が謙遜して使う

授業をしている講師例えば、君が文に使われていた場合、何が使われていると判断できるかな

授業を受けている生徒「君は、会話文中で用いられる人称代名詞の二人称の尊称。なので、会話文中で用いられる人称代名詞の二人称の尊称が使われていると判断できる



授業をしている講師「正解。今回は、3種類の接続詞を押さえるについて話します。早速だけど、接続詞の文の型は、どうなるかな

授業を受けている生徒「英語の接続詞の文の型は、文A.+接続詞+文B.だった。なので、漢文の接続詞の文の型も文A。+接続詞+文Bかな

授業をしている講師「そうだよね。漢文の接続詞の種類は、何種類あるかな

授業を受けている生徒「漢文の接続詞の種類も英語の接続詞の種類と同じ6種類かな」



授業をしている講師「残念ながら、漢文の接続詞の種類は、英語の接続詞の種類と同じ6種類ではない。漢文の接続詞の種類は、3種類だよ。1つ目は、理由+接続詞+結果の型を取る順接。2つ目は、+(ー)+接続詞+ー(+)の型を取る逆接。3つ目は、A+接続詞+Bの型を取る説明・補足

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、軍有武力、故人恐之で使われている接続詞を答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「漢文の接続詞の文の型も文A。+接続詞+文Bだった。軍有武力、故人恐之は、A+接続詞+Bの型を取る説明・補足だと判断できる。なので、正解は、

授業をしている講師「正解。今回は、3種類の接続詞を押さえるについて話しました。次回は、指示語の文の型を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<漢文の接続詞の種類について>
順接→理由+接続詞+結果の型を取る

逆接→+(ー)+接続詞+ー(+)の型を取る

説明・補足→A+接続詞+Bの型を取る

基礎国語ブログ2

【基礎漢文講座:5講】敬語を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「敬語を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ6

授業をしている講師「前回は、漢文の3文型を押さえるについて話しました。漢文の3文型の文の型は、どんな型だったかな

授業を受けている生徒「漢文の3文型の中の第1文型は、主語+動詞。第2文型は、主語+動詞+目的語(補語)。第3文型は、主語+動詞+目的語+目的語(補語)

授業をしている講師「そうだよね。例えば、謝病は、何文型かな

授業を受けている生徒「謝は、動詞。病は何を謝なのかを説明している。文の型は、主語+動詞+目的語(補語)だと分かる。主語+動詞+目的語(補語)は、第2文型だった。なので、謝病は、第2文型



授業をしている講師「正解。第2文型を第1文型と間違わないようにしてね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、敬語を押さえるについて話します。早速だけど、漢文に敬語はあるかな

授業を受けている生徒「漢文にも敬語はあるんじゃないかな」

授業をしている講師漢文にも敬語があることで何が判断できるかな

授業を受けている生徒「漢文にも敬語があることで主語・目的語を判断できる

授業をしている講師「そうだよね。漢文の敬語の中で押さえておく敬語は、2種類ある。1つは、敬意を訳出する必要がある語。もう1つは、会話文中で用いられる人称代名詞の尊称・謙称

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「敬意を訳出する必要がある語は、3つある。1つ目は、目上の人の質問に答えるときに用いる対フ。2つ目は、会うの謙譲語見ユ。3つ目は、目上の人に物をあげるときに差し上げると訳す献ズ・奉ル

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師謙譲語とは、何だったかな

授業を受けている生徒「謙譲語とは、話し手(書き手)が自分や自分側の動作をへりくだることによって相手を敬うことだった



授業をしている講師「そうだよね。古文で勉強したを漢文を勉強する時、関連させることで知識が身につく

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「会話文中で用いられる人称代名詞の尊称・謙称は、2種類ある。1つは、二人称の尊称。もう1つは、一人称の謙称。二人称の尊称は、4つある。1つ目は、。2つ目は、。3つ目は、。4つ目は、。一人称の謙称は、4つある。1つ目は、臣下が君主に対して使う。2つ目は、君主が謙遜して使う寡人。3つ目は、王侯が謙遜して使う。4つ目は、女性が謙遜して使う

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、臣が文に使われていた場合、何が使われていると判断できるかな

授業を受けている生徒「臣は、臣下が君主に対して使う一人称の謙称。なので、臣下が君主に対して使う一人称の謙称が使われていると判断できる

授業をしている講師「正解。今回は、敬語を押さえるについて話しました。次回は、3種類の接続詞を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<敬意を訳出する必要がある語について>
対フ→目上の人の質問に答えるときに用いる

見ユ→会うの謙譲語

献ズ・奉ル→目上の人に物をあげるときに差し上げると訳す

<二人称の尊称について>








<一人称の謙称について>
→臣下が君主に対して使う

寡人→君主が謙遜して使う

→王侯が謙遜して使う

→女性が謙遜して使う

基礎国語ブログ2

【基礎漢文講座:4講】漢文の3文型を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「漢文の3文型を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ6

授業をしている講師「前回は、主語と動詞を押さえるについて話しました。どうして漢文の主語と動詞を押さえる必要があったのかな

授業を受けている生徒「漢文の主語と動詞を押さえる理由は、主語と動詞を押さえることで難しい文章を読んだ時、まるっきり文章の内容が理解できないという状態にはならないから

授業をしている講師「そうだよね。例えば、國治という文があったとする。主語と動詞は、どれかな

授業を受けている生徒「漢文の文の型は、主語+動詞だった。なので、主語は、。動詞は、



授業をしている講師「正解。しっかり復習しているね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、漢文の3文型を押さえるについて話します。早速だけど、英語の5文型は、どうだったかな

授業を受けている生徒「英語の5文型の中の第1文型は、主語+動詞. 。第2文型は、主語+動詞+補語.(主語=補語) 。第3文型は、主語+動詞+目的語. 。第4文型は、主語+動詞+目的語+目的語. 。第5文型は、主語+動詞+目的語+補語.(目的語=補語)だった」



授業をしている講師「そうだよね。漢文の3文型は、英語の5文型と殆ど同じと考えて良い。漢文の3文型の中の第1文型は、主語+動詞。第2文型は、主語+動詞+目的語(補語)。第3文型は、主語+動詞+目的語+目的語(補語)。つまり、漢文の第1文型は、英語の第1文型、漢文の第2文型は、英語の第3文型(第2文型)、漢文の英語の第4文型(第5文型)と同じ型を取っている

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、國治は、何文型かな

授業を受けている生徒「國治の主語は、。動詞は、主語+動詞は、第1文型。なので、國治は、第1文型」

授業をしている講師「正解。漢文には、目的語と補語の区別がないことも押さえておいてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、漢文の3文型を押さえるについて話しました。次回は、敬語を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<漢文の3文型について>
・第1文型→主語+動詞

・第2文型→主語+動詞+目的語(補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語+目的語(補語)

基礎国語ブログ2