生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の基礎国語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも国語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

【基礎現代文講座:6講】6種類の接続詞を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「接続詞を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ1

授業をしている講師「前回は、接続詞の文の型について話しました。接続詞の文の型は、どうだったかな

授業を受けている生徒「接続詞の文の型は、文A。+接続詞+文B。

授業をしている講師例えば、彼女は、一生懸命に勉強をしています。なぜならば、学校での試験が近いからですの中の接続詞は、どれかな

授業を受けている生徒「彼女は、一生懸命に勉強をしています。なぜならば、学校での試験が近いからですの中の接続詞は、なぜならば

授業をしている講師どうして接続詞をなぜならばと思ったのかな

授業を受けている生徒「接続詞をなぜならばと思った理由は、なぜならばの後に文Bにあたる文があったからかな」



授業をしている講師「正解。今回は、接続詞を押さえるについて話します。早速だけど、接続詞の種類は、何種類あるのか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。接続詞の種類を考えたことないから分からない」

授業をしている講師「そうだよね。少しだけ厳しい言い方をすると、接続詞の種類を考えたことないということは、感覚的に日本語を使っているのと同じことなんだよ。接続詞の種類を把握し、接続詞を使い分けることができるようになることで、文章の理解も大きく変わってくる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師接続詞の種類は、6種類ある。まず1つ目は、理由+接続詞+結果の型を取る順接。2つ目は、+(ー)+接続詞+ー(+)の型を取る逆接。3つ目は、A1+接続詞+A2の型を取る並立。4つ目は、A+接続詞+Bの型を取る説明・補足。5つ目は、A1+接続詞+A2の型を取る対比・選択。最後6つ目は、A+接続詞+Bの型を取る転換の6種類ある」

授業を受けている生徒「接続詞の問題が出題された時には、接続詞が取る文の型を使い、判断することができるね」

授業をしている講師「また小論文を書く時にも自分がどの接続詞を使えば良いのか分かる」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師例えば、彼女は、一生懸命に勉強をしています。なぜならば、学校での試験が近いからですの接続詞なぜならばは、6種類の接続詞のどれかな

授業を受けている生徒学校での試験が近いからですは、彼女は、一生懸命に勉強をしていますについて説明している。なので、接続詞なぜならばは、説明・補足

授業をしている講師「正解。今回は、接続詞を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は、指示語の文の型について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<接続詞の種類について>
順接→理由+接続詞+結果

逆接→+(ー)+接続詞+ー(+)

並立→A1+接続詞+A2

説明・補足→A+接続詞+B

対比・選択→A1+接続詞+A2

転換→A+接続詞+B

基礎国語ブログ2

【基礎現代文講座:5講】接続詞の文の型を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「接続詞の文の型」について話して行きます。

基礎国語ブログ1

授業をしている講師「前回は、日本語の5文型を押さえるについて話しました。日本語の5文型は、何だったかな

授業を受けている生徒「日本語の5文型のまず1つ目は、主語+動詞。2つ目は、主語+補語+動詞。3つ目は、主語+目的語+動詞。4つ目は、主語+目的語+目的語+動詞。最後5つ目は、主語+目的語+補語+動詞

授業をしている講師「そうだよね。例えば、私は彼が校庭を走っているのを見たは、日本語の5文型の中のどれかな

授業を受けている生徒「私は彼が校庭を走っているのを見たの主語は、私は。動詞は、見ただと分かる。彼が校庭を走っているを見ると、彼がと走っているが主語・動詞の関係になっているのが分かる。なので、5つ目



授業をしている講師「正解。日本語の5文型を押さえることで、小論文を書く時、何を伝えたいのか分からない文章にはならない

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、接続詞の文の型について話します。接続詞を使う時は、どんな時かな

授業を受けている生徒「うーん。接続詞を使う時は、前の文について後の文で説明する時かな

授業をしている講師「例えば、私は今朝、寝坊しました。なぜならば、昨日、夜遅くまでドラマを観ていたからですを考える。なぜならば、以下は、どうして私は今朝、寝坊しましたのか理由を説明している。接続詞を使わなかった場合、私は今朝、寝坊しました。昨日、夜遅くまでドラマを観ていたからですとなり、一瞬、昨日、以下が何について書かれているのか分からない。しかし、接続詞を使うことで、なぜならば、以下は、どうして私は今朝、寝坊しましたのか理由を説明するのだろうと検討をつけながら、なぜならば、以下を読み、文を理解できる」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師接続詞の文の型は、どうなるかな

授業を受けている生徒「接続詞の文の型は、文A。+接続詞+文B。かな」

授業をしている講師「正解。接続詞の文の型を押さえることで、文を書く時だけでなく、文を読む時・話をする時・を聞く時にも、役に立つ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、接続詞の文の型について話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は、接続詞を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<接続詞の文の型について>
文A。+接続詞+文B。

基礎国語ブログ2

【基礎現代文講座:4講】日本語の5文型を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「日本語の5文型を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ1

授業をしている講師「前回は、省略された主語を押さえるについて話しました。主語が省略されている場合、どうすれば良いかな

授業を受けている生徒「主語が省略されている場合、前後の文から主語を補えば良い

授業をしている講師「そうだよね。例えば、私はパンを食べました。昨日も私はパンを食べましたの中で省略できるのは何かな

授業を受けている生徒「省略できるのは、昨日も私はパンを食べましたの私は

授業をしている講師どうして省略できるのは、昨日も私はパンを食べましたの私はだと思ったのかな

授業を受けている生徒「省略できるのは、昨日も私はパンを食べましたの私はだと思った理由は、昨日も私はパンを食べましたの1文前で私はパンを食べましたと書かれ、2文目で昨日もと書かれていることで、主語が同じだと判断することができるからかな



授業をしている講師「正解。省略された主語を押さえるで勉強したことは、文字数制限問題を解く時にも活用できるよね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、日本語の5文型を押さえるについて話します。日本語の5文型といっても、難しく考える必要はない。日本語の5文型とは、英語で勉強した5文型と同じように考え、主語・動詞・補語・目的語を押さえることだよ。まず1つ目は、主語+動詞。2つ目は、主語+補語+動詞。3つ目は、主語+目的語+動詞。4つ目は、主語+目的語+目的語+動詞。最後5つ目は、主語+目的語+補語+動詞だよ」

授業を受けている生徒「確かに英語で勉強した気がする」

授業をしている講師例えば、私は大学生ですは、日本語の5文型の中でどれにあたるかな

授業を受けている生徒「うーん。英語では、主語=~の時、第2文型と考えた。なので、2つ目かな」

授業をしている講師「正解。私は大学生ですの主語・動詞・補語は何かな

授業を受けている生徒「私は大学生ですの主語は、私は。動詞は、です。補語は、大学生

授業をしている講師どうして私は大学生ですの主語は、私は。動詞は、ですと思ったのかな

授業を受けている生徒「私は大学生ですの主語は、私は。動詞は、ですと思った理由は、主語を文頭・動詞を文未に置いているからかな

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、日本語の5文型を押さえるについて話しました。次回は、接続詞の文の型について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<日本語の5文型について>
主語+動詞。

主語+補語+動詞。(主語=補語)

主語+目的語+動詞。

主語+目的語+目的語+動詞。

主語+目的語+補語+動詞。(目的語+補語→主語+動詞)

基礎国語ブログ2