生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の基礎国語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも国語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

【基礎文学史講座:38講】昭和時代の文学を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「昭和時代の文学を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ9

授業をしている講師「前回は、大正時代の戯曲を押さえるについて話しました。大正時代の戯曲は、何があったかな

授業を受けている生徒「大正時代の戯曲は、1918年、鈴木三重吉が書いた「赤い鳥」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、1918年、鈴木三重吉が書いた「赤い鳥」は、戯曲である。戯曲とは、何か簡単に説明しなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「戯曲とは、演劇の上演のために執筆された脚本や上演台本のかたちで執筆された文学作品のこと。なので、正解は、戯曲とは、演劇の上演のために執筆された脚本や上演台本のかたちで執筆された文学作品



授業をしている講師「正解。今回は、昭和時代の文学を押さえるについて話します。早速だけど、昭和時代の始まりと終わりは、何年だったかな

授業を受けている生徒「昭和時代の始まりと終わりは、1926年12月25日~1989年1月7日



授業をしている講師「そうだよね。今回だけで昭和時代の文学を勉強した場合、国語の文学史だけではなく、日本史の文化史の勉強をすることも嫌になる。なので、今回は、昭和時代の新感覚派を勉強する」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師新感覚派とは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「新感覚派とは、第1次大戦後の西欧芸術思想の影響を受け、従来の自然主義的リアリズムに対して文学形式や文体上の革命を試み、感覚の斬新さを特徴の作品かな

授業をしている講師「そうだよね。昭和時代の新感覚派は、何があるか分かるかな

授業を受けている生徒「昭和時代の新感覚派は、1926年、川端康成が書いた「伊豆の踊子」かな

授業をしている講師「昭和時代の新感覚派は、「伊豆の踊子」以外に1つある。「伊豆の踊子」以外の1つは、1923年、横光利一が書いた「蠅」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、出典:「伊豆の踊子」と書かれ、「伊豆の踊子」の作者を答えなさい。また「伊豆の踊子」の作者の特徴を答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「「伊豆の踊子」は、1926年、川端康成が書いた。川端康成は、新感覚派。なので、正解は、川端康成・新感覚派

授業をしている講師「正解。今回は、昭和時代の文学を押さえるについて話しました。次回は、昭和時代の文学を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<昭和時代の新感覚派について>
「蠅」→1923年、横光利一が書いた

「伊豆の踊子」→1926年、川端康成が書いた

基礎国語ブログ2

【基礎文学史講座:37講】大正時代の文学を押さえる

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「大正時代の文学を押さえる」について話して行きます。

基礎国語ブログ9

授業をしている講師「前回は、今回は、大正時代の大長編小説を押さえるについて話しました。大正時代の大長編小説は、何があったかな

授業を受けている生徒「大正時代の大長編小説は、1921年、中里介山が書いた「大菩薩峠」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、1921年に書かれた「大菩薩峠」の作者を答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「「大菩薩峠」は、1921年、中里介山が書いた。なので、正解は、中里介山



授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の戯曲を押さえるについて話します。早速だけど、戯曲とは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「戯曲とは、演劇の上演のために執筆された脚本や上演台本のかたちで執筆された文学作品のことかな

授業をしている講師「そうだよね。大正時代の戯曲は、何があるか分かるかな

授業を受けている生徒「大正時代の戯曲は、1918年、鈴木三重吉が書いた「赤い鳥」かな」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、1918年、鈴木三重吉が書いた「赤い鳥」のことを何と言うか答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「1918年、鈴木三重吉が書いた「赤い鳥」は、演劇の上演のために執筆された脚本や上演台本のかたちで執筆された文学作品。演劇の上演のために執筆された脚本や上演台本のかたちで執筆された文学作品のことを戯曲と言う。なので、正解は、戯曲

授業をしている講師「正解。今回は、大正時代の文学を押さえるについて話しました。次回は、昭和時代の文学を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<大正時代の戯曲について>
「赤い鳥」→1918年、鈴木三重吉が書いた

基礎国語ブログ2

【特別現代文講座】拓殖大学2022年度全国統一選抜試験〔三〕問三を確認する

 こんにちは。

 「基礎国語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

基礎国語ブログ4

 あなたは、「拓殖大学は、余裕で合格できる」と思っていませんか。

 あなたは、「私は、偏差値60以上ある。なので、拓殖大学に余裕で合格できる」と思っていませんか。

 私は、あなたが偏差値60以上あったとしても、必ず拓殖大学に合格できるとは判断することはできません。

 あなたは、私に「あなた。何、寝言を言っているんですか」と思っていますよね。

 私は、寝言を言っているつもりはありません。

 あなたは、拓殖大学2022年度全国統一選抜試験国語の問題を見たことは、ありますか。

 拓殖大学2022年度全国統一選抜試験国語の問題に限らず、拓殖大学の国語の入試問題は、基礎力を怠らずに勉強した受験生であれば、点数を積み上げることができます。

 あなたは、拓殖大学2022年度全国統一選抜試験国語を何分で解き終わり、何点取ることができますか。


基礎国語ブログ4

 あなたが、「拓殖大学は、余裕で合格できる」「私は、偏差値60以上ある。なので、拓殖大学に余裕で合格できる」と思っている場合、あなたは、拓殖大学2022年度全国統一選抜試験国語を60分ではなく、40分で解き終え、全問正解できますよね。

 あなたは、「入試では満点を取らなくても、合格できるはずです」と思っていますよね。

 私も入試では満点を取らなくても、合格できることを知っています。

 しかし、私が、あなたに「40分で解き終え、全問正解して下さい」と話している理由は、あなたが「拓殖大学は、余裕で合格できる」「私は、偏差値60以上ある。なので、拓殖大学に余裕で合格できる」と思っているからです。

 拓殖大学2022年度全国統一選抜試験国語の問題に限らず、拓殖大学の国語の入試問題は、基礎力を怠らずに勉強した受験生であれば、点数を積み上げることができます。

 なので、偏差値60以下の受験生が拓殖大学に合格し、偏差値60以上のあなたが拓殖大学に不合格になることも十分にあり得ます。

 特別現代文では、拓殖大学入試試験国語の問題の中から選んだ問題を解説します。

 あなたは、「拓殖大学の過去問は、買わなくて良いんですね」と思っていますよね。

 私は、特別現代文で拓殖大学入試試験国語の問題を解説するにあたり、過去問まで掲載するつもりはありません。

 なので、あなたが特別現代文で拓殖大学入試試験国語の問題の解説を受講する場合、必ず拓殖大学の過去問を自分で買って下さい。

 それでは、2022年度全国統一選抜試験〔三〕問三について解説します。

基礎国語ブログ7

続きを読む